四国八十八箇所巡礼 一番札所奥の院 「種蒔大師 東林院」

平成25年度は東林院にて大法会を開催いたします

東林院 大法会のご案内

平成25年度大法会は、11月30日・12月1日(土日)に開催します。

 弘法大師空海の御教えを信奉する徳島県下の真言宗寺院では、秋の暮れ11月頃に大法会(だいほうえ)という行事を行なっています。

 当院が所属する結衆(お寺のグループ)八ヶ寺では、毎年交代で大法会を執行していますが、本年、平成25年度は種蒔大師 東林院にて開催いたします。
 

真言宗最大の行事 大法会(だいほうえ)

過去帳奉読の様子

大法会(だいほうえ)とは、命を繋(つな)げてくれたご先祖さまたちと仏さまに感謝の気持ちを表わし、また安心して暮らしていけるよう願いを込めて祈る真言宗の最大の行事です。





法会の様子

 二日間にわたって20名ほどの僧侶が真言宗独特の読経作法(法会)を五座(5回)行なって、仏さまとご先祖さまをご供養し、その間に法会で供養されるご先祖さまの戒名を読み上げる過去帳奉読を行ないます。



 

延べ四千人の方がお参りされる盛大な法会

大法会初日、準庭儀の様子

 この大法会は、高野山奥の院 弘法大師御廟前、灯籠堂に輝く千古不滅の聖火をお迎えして修行し、法要の最後(結願・聖火奉送)の座では、お迎えした聖火を再び高野山の祖廟へお送りする深秘な儀式を修行いたします。

 

 

 


 また当日、会場となるお寺の参道には、露店が並ぶなど大変賑やかな行事であり、
仏教のお祭りとも言えるものです。

東林院秘仏 ご本尊「愛染明王」(あいぜんみょうおう)御開帳

 大法会期間中は東林院本堂内にて、ご本尊「愛染明王」がご開帳されます。
8年に一度、東林院大法会の時だけ開帳される秘仏 愛染明王。

 見る人によって、そのお顔は「怒っている」様にも、「笑っている」様にも、「泣いている」様にも見えると言われています。
是非ご参拝いただき、そのお姿をご覧下さい。

なお秘仏の為、写真撮影はご遠慮下さいますようお願い致します。

どうぞ、お気軽にお越し下さい

 大規模な法要と同時に、地域を挙げてのお祭りであり老若男女が分け隔(へだ)てなく集まる楽しい行事です。

 どうぞご家族皆さまで、お子さまも是非ご一緒にお参り頂きますようご案内申し上げます。

経木場の様子 大卒塔婆と出店

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional